トップページ 論文 織田政権と大和 戦国時代ランキング 旅行・地域情報専門
ブログランキング 国内

2005年09月30日

論文:織田政権と大和 第一章-2-

本文を続けます
第一章の二節目です

大和の歴史についてのべています。

続きを読む
posted by taigon at 19:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 論文!織田政権と大和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

お気に入りリンクのご紹介。

今日は、私の「お気に入り」の「信長フォルダ」もしくは「歴史フォルダ」に入っているリンクを紹介します。

まずは
信長年譜
信長の生涯を年代順に追って見ていくことができます。
ネットで調べる人には手軽に見れて軽く、しかも本格的、という貴重なサイトです。

次に
或暇人之間
面白い名前のサイトなんですけど、これが本格的な信長公記の私訳を掲載されているんですよね。
日記にも注目

資料本能寺の変
これは、あるサイトの、いち部内サイトなんですが、信長研究には欠かせない資料を沢山紹介されています。

戦国筒井氏◆◆松永久秀◆◆島左近
三つともmasaさんのサイト。これはいいです。好きです。ずっと、こんなサイトを作りたかったんですが、このサイトを発見したがために、すべての夢のプランをやめることにしました。だって、これ以上のものは無理だから。戦国大和の歴史をしらべるなら必見です。

歴史研究会
こちらも、戦国大和を知るにはとってもいいです。お城好きにもためになりますよ。

今日はこんなところです。お城関係でいいのもあるので、また後日。

posted by taigon at 21:41| Comment(4) | TrackBack(0) | 【知っ得】 リンク集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

大河ドラマにて興福寺を紹介!

今、大河ドラマ「義経」を見ておりましたら、最後に興福寺を特集していましたね。
まさにタイムリーです。皆さん見られましたでしょうか?

藤原家が建立した。
平重衡が、いくさで、東大寺とともに興福寺を焼いてしまった。
その後、運慶快慶の傑作が作られたりして、頼朝の手により復興した。
都、京都と対比して、南都と呼ばれて、その後も興福寺を中心の栄えた。
現在も鎌倉時代の国宝が多数ある。

などなど。

随分このブログの解説してくれてましたね〜。
見られた方おられるでしょうか?

ところで、前に興福寺のことに書いたのはこちら

また、土曜日に再放送ありますので、是非ご覧下さい!

それから、今日から新しく、私が論文の題材を決めるきっかけとなった本を紹介していています。
(右のアマゾンのバナーのところです)
興味のある方はどうぞ。岡本良一編『織田信長のすべて』と言う本です。
posted by taigon at 20:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 新着情報&雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

城割と検地

かんたん編

いよいよ本論も第一章。本文に入ってきました。
今回は、ごくごく簡単に、言葉の説明をしたいと思います。


本文に入ってくると何度もでてくるのが「一国破城」「大和指出」のふたつ。
このふたつをはずすと、私の論文は、何の中身もなくなります。まずは、このふたつの簡単な解説をします。



続きを読む
posted by taigon at 11:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説!(かんたん編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

論文:織田政権と大和―第一章―1

それでは、久々に本文の続きを掲載します

今回は一章の一節を掲載します。
「大和指出」「一国破城」の二つの政策のポイントの確認となっています。

それではどうぞ
(相変わらずコピ貼で読みにくくてすみません)

続きを読む
posted by taigon at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 論文!織田政権と大和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

多聞院日記

かんたん解説編を続けます(第四回)。

今回の話題は多聞院日記


これは、興福寺の、多聞院というところの僧が書かれた日記です。
史料の価値としましては、一級品で、中世から近世の始めころの大和のさまざまな様子が非常によく分ります。

複数の方が書いているのですが、多聞院英俊 (たもんいん えいしゅん 1518〜1596)という方が有名です。
今回の論文内容は、とくに信長の時代前後を、改めて読み直すという作業をしています。

一度「多聞院日記」で検索してみてください。戦国時代のネタが沢山ヒットします。

続きを読む
posted by taigon at 15:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 解説!(かんたん編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

参考文献一覧

当時、参考にした文献一覧です。
順不同、残っているメモをそのまま載せているだけです。
いずれ改めて、編集して載せます。

見難いですがどうぞ、参考にして下さい。
(私の書棚カテゴリになっていますが、大半は図書館で借りた物です(汗))

続きを読む
posted by taigon at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 信長関係書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

織田信長について

織田信長を書く!と豪語しておきながら、ここまで信長については何も書いてませんでした。

歴史が好きな人なら、この名を知らぬ人はいないでしょう。
日本人なら、一度は聞いたことがあるでしょう。

「織田信長」

ほとんどの人は、革命的な天才と思っておられると思います。
確かに、世間の評価では、軍事や経済革命といった功績が残っているといわれます。

しかし、私が勉強した信長は、非常にバランス感覚実行力に優れた、政治家でした。

小説やドラマを見ていると、まるで気のふれた変人的な描かれ方をするシーンもあります。
しかし、今回ご紹介する、織田信長が大和で天正8年に行った二つの政策は、非常にバランスを重視した方法をとっているんです。

前回も書きましたが、大和の歴史は「寺門の僧」が国を支配すると言うとても特殊なお国柄でした。

その大和を支配するには、天才信長といえども色々と頭を使ったようです。

天才
しいていうなら、奇抜な発想の持ち主という意味ではなく、
非常に物事に対する的確な目を持っていた、そういう天才だといえるかもしれません。

大和で行った政策を見ながら、その人間っぽい、政治策略家らしい信長の一面をご覧下さい。
posted by taigon at 21:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 新着情報&雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月16日

奈良の歴史と寺社

かんたん解説編第3回

今回は、奈良県の特殊な歴史事情をお話します。


ご存知の通り、奈良県内には世界的にも有名な寺社が多数あります。
世界遺産登録もされている、法隆寺、東大寺、春日大社をはじめ、
薬師寺、唐招提寺や、長谷寺、室生寺、当麻寺。。。。などなど。

その中でも特に巨大な力を持っていたのが、興福寺

現在、興福寺には、国宝五重塔が残っています。
近鉄奈良駅からも近く、奈良公園内は、猿沢の池の横にライトアップされる姿をご覧になられた方も多いかと思います。


ところで、この興福寺
信長の時代まで(中世:鎌倉、室町時代ころ)は、
大和一国を支配する、「守護」という役目を果たしていました。



続きを読む
posted by taigon at 09:46| Comment(5) | TrackBack(1) | 解説!(かんたん編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

論文のテーマは?

さてかんたん解説編を続けます。

私が10年ほど前に書いた「織田政権と大和

信長が、なぜ大和支配の拠点を「郡山」にしたんだろう?
というの素朴な疑問が、テーマです。


信長が西暦1582年に本能寺の変で、明智光秀に殺されるのは有名です。

そのわずか2年前のこと。こんな命令が信長から出されます。


続きを読む
posted by taigon at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説!(かんたん編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

信長公と奈良県(特に大和郡山)

では、さっそく私の稚拙な織田信長論の内容のかんたん解説を始めます!


奈良県は昔は、大和と呼ばれていました。
「大和国(やまとこく)」
これが、古い奈良の呼び名です。


この話は今から数えて400年よりすこし昔。戦国時代の終りころ。
戦国三傑と呼ばれる。織田信長、豊臣秀吉、徳川家康。
この三人が、まだまだ元気で、協力し合って日本を統一しようとしているころです。

その信長と大和について書いていくのですが、

ところで、私は奈良県大和郡山市の出身。



続きを読む
posted by taigon at 08:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 解説!(かんたん編) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月12日

論文:織田政権と大和―はじめに―

それでは早速昔の論文を細切れにして掲載していきます。
まずは、コピーして貼り付けただけなので、すごく読みにくいと思います。
いずれ徐々に体裁を整えつつ、見やすくしますのでよろしくです。

難しい単語などは、かんたん編で解説しますね〜

では本文は続きを読んでください。



続きを読む
posted by taigon at 20:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 論文!織田政権と大和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

織田信長を書く!

昔とった杵柄で、織田信長を書いていきます。

学生は5年も行きましたよ。
勉強しすぎ?

ともかく、ネタはいっぱいありますので、
趣味の合う人、興味のある人、コメントくださいね〜。

文章的にはとても稚拙な物ですが、その辺、目をつぶってくださいませ〜


posted by taigon at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 新着情報&雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
『信長記』と信長・秀吉の時代 [単行本] / 金子拓 (編集); 勉誠出版 (刊) 織田信長という歴史―『信長記』の彼方へ [単行本] / 金子拓 (著); 勉誠出版 (刊) 天下人の城―信長から秀吉・家康へ [単行本] / 千田 嘉博 (著); 風媒社 (刊)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。