トップページ 論文 織田政権と大和 戦国時代ランキング 旅行・地域情報専門
ブログランキング 国内

2009年09月29日

織田信長 最後の茶会 「本能寺の変」前日に何が起きたか


織田信長 最後の茶会 (光文社新書)

織田信長 最後の茶会 (光文社新書)

  • 作者: 小島 毅
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2009/07/16
  • メディア: 新書






という題の割に、何も起きていません…
内容と題名がかけ離れていました。これには驚きました。

ただ、いい意味で期待を裏切ってくれました。

冒頭にもありますが、著者は専門分野は東アジア思想文化の研究者で、日本の戦国史の研究者ではありません。
ただ、よほどの愛好家であるようで、中世史全般に知識は豊富に持ち合わせておられます。

巻末の参考文献を見る限り、織田信長研究の書物には一通り触れているといえるでしょう。
ここ数年で私自身も読んだ本が多く並んでいたので、そういう意味でいえば、今まで読んだ著書の再検討にもってこいでした。

逆にいえば、ある程度、巻末にある著書を読んでから、この本を読めばより理解は深まると言えますし、すでに読んだ本を違った角度から見ることができます。



さて、内容の中で興味を持ったものをいくつかあげておきます。

まず、最初にも書きましたが、東アジアの研究者であるので、東アジア圏の中の日本という視点で信長論や戦国史が語られています。
これは、以前から、私自身が常に気になっていたことだったので、非常に興味深く読めました。理解も深まりました。
題名に全く反映されていないので、いい意味で内容に裏切られたわけです。図書館にこの本があったのは本当にラッキーでした。

一言でいえば、信長の「思想」を見つけ出そうという仕事をされています。

良く言われる、信長が西洋志向、近世のパイオニア、時代の先駆者という評価に対するチャレンジ。

特に詳細に記されているのが、「貨幣」「唐物」「暦」についての考察。
これらを、中国・朝鮮や、対馬、琉球などの文化圏と比較して、検討し定説を覆すチャレンジをされています。
今までの信長関係書物とは全く違う角度からの検証ですので、新鮮ですし、新しい知識が身に付きます。
目からウロコの連続です。

また、余談と言うかトリビア的な話題が豊富で、信長研究というよりは、雑学事典という感さえありますが、決して本筋が信長から外れることがないので、無駄にはなりません。


一応、本能寺の変がテーマですので、本能寺の変周辺の過去の研究動向を簡単に最初に紹介されています。
次に、東アジアの経済交流ということで、実のところ、戦国時代、中国や朝鮮と日本はどのように交流していたのかという部分について、非常に分かりやすい説明がなされています。

次の、信長と唐物と題して、中国の思想文化の紹介から始まって、安土城の中国的存在、茶器や室町幕府から統一政権に至る茶の湯の歴史や逸品などを紹介しつていますが、この章ははっきり言っていらないのではないかなと思ったりしますが、とりあえず、信長が中国思考だったという話に持っていくためのプロローグ的なものにされています。後半の重要な信長の思想判断への導入にはなっています。

次に、東アジアの暦と太陽暦太陰暦にうつりますが、これは非常に読み応えがありました。
歴史研究者からしたら、ある意味、当たり前の一般常識が書いてあるのですが、目線を東アジアという角度から見ることによって、醍醐味が出てくるのです。
次の明暦と日本 とセットで、この本のテーマの最大の見せ場になります。
でも、ほとんど信長は関係ない部分ですが。

最後に宗教と信長王権という章に関しては、戦国時代研究者から細かい点で若干の批判があるかもしれません。
しかし、まさに目からウロコという内容のことも書いてあるので、必読の場所ではあります。


ともかく、手軽に読めて、勉強にもなりますので、信長研究の方には是非、一度目を通してもらいたいと思います。

ただし、鵜呑みにしてはいけないところや、いくつかの読み進める上で注意点と疑問点もありますので、そちらは次回紹介いたします。


にほんブログ村 本ブログ 歴史書へ


著者の一連の作品

義経の東アジア (智慧の海叢書)

義経の東アジア (智慧の海叢書)

  • 作者: 小島 毅
  • 出版社/メーカー: 勉誠出版
  • 発売日: 2005/09
  • メディア: 単行本





足利義満 消された日本国王 (光文社新書)

足利義満 消された日本国王 (光文社新書)

  • 作者: 小島 毅
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 2008/02/15
  • メディア: 新書




posted by taigon at 19:35| Comment(1) | TrackBack(0) | 信長関係書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

信長の野望 天道

先日『信長の野望』の最新作が発売されたようです。


信長の野望 天道

信長の野望 天道

  • 出版社/メーカー: コーエー
  • メディア: DVD-ROM







早速、サイトから体験版をダウンロードしてやってみました。


光栄のゲームは、ファミコン(スーファミ含む)時代に、信長の野望はじめ、三国志、大航海時代と、いろいろとやりましたが、ながーーいこと、ゲーム自体をしてませんでした。

数年前に、信長の野望烈風伝の中古をもらったので、やったことがありましたが、それくらい。。。


信長の野望最新版は、天道。その名の通り、道がポイントだという。

公式サイトはこちら

体験版では、チュートリアルで、基本をある程度抑えられるので、
一通りみれば、だいたい分かります。
(このチュートリアルの北条氏政が、いつもの光栄のノリでやたらバカっぽくでてくる。)

シナリオは、鳥無き島の蝙蝠という題で、長宗我部元親による四国統一をプレーできます。


先ほども書きました通り、ゲームに慣れてないので、イマイチうまく進みませんが、さすがに昔やりなれたこともあり、4回目で統一できました。

始め3回はどれも時間切れ。
最後は、開発をないがしろにして、兵糧がなくなりながらの統一でした。(それでも初級)


体験版でも十分遊べます。

前作、前々作でどういうのだったかわかりませんが、今回のはどんどんリアルタイムで物事が進んでいくので、全国統一しようと思うと、相当多方面に気を配りつつ進めることになるでしょうから、「ゲームをするぞ!」という気合いでいかなきゃならないでしょうね。

体験版にもちゃんとエンディングが用意されてました。
それなりに、製品版に期待を持たせるものです。


ゲームの特徴は、
先ほども書いたとおり、「道」がポイントで、道を作っていく作業があります。
これは、軍の道です。
もうひとつのポイントが、集落。村や町、匠の町など、色々用意されていて、国の取り合いではなく、集落を取り合うのが、今回の特徴です。
国を奪わなくても、集落を取り込めば、相手を弱体化させつつ、見方を強化できる。
もちろん、敵の本城を奪えば、その城が支配していた集落は全て手に入ります。
集落をコツコツ責めていくのか、一気に敵の本城を奪うのか。

ちなみ、体験版は、どちらかというと、コツコツやってるとすぐに時間がなくなります。


こんな感じで、一度是非体験版をプレーしてみてくださいませ。


にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ


信長の野望 天道 プレミアムボックス

信長の野望 天道 プレミアムボックス

  • 出版社/メーカー: コーエー
  • メディア: DVD-ROM



posted by taigon at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 新着情報&雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

天地人で岐阜城登場

9月20日の天地人は、いよいよ関ヶ原の戦い。

クライマックスです。


そんな中、ちらっと、前回紹介した岐阜城が登場していました。

これは、関ヶ原の前哨戦で、慶長5年8月23日の、福島・加藤らによる、岐阜城攻めのシーンでした。

守るのは、織田信長の孫秀信。
本能寺の変の後、織田家重臣で開かれた清州会議の時に、秀吉から担ぎあげられ、秀吉の天下取りの道具にされてしまった「三法師」その人です。

さて、結局岐阜城はあっという間に落されてしまい、天地人の映像でも一瞬で燃えてしまって、石原良純演じる福島正則が気勢を上げるシーンで簡単に終わっています。


先日訪れた折に、発掘状況の中にこのときのものとも、稲葉山落城の折のものとも思われる焼け跡の地層がでているという展示があったので、画像を載せておきます。
反射が映っていて見にくいですが、ご覧ください。

岐阜城 (54).JPG


発掘は、歴史的事実を見つけることができる、本当にロマンが感じられる仕事です。
もし、チャンスがあれば現地説明会や、実際に学生さんのアルバイトなどされてはと思います。


にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ
応援よろしくお願いします。ぜひクリックを。
posted by taigon at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 天地人と信長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

岐阜城登山

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ


用事で岐阜に行ったとき、急に時間ができたので、準備ゼロ、思いつきで岐阜城に行ってきました。


岐阜城 (2).jpg

岐阜在住の知人の案内で、無料で駐車できる場所に車を停められました。
場所は、




護国神社を少し北東へ行った川沿いです。
河原でキャンプしている人もいて、そういう車が沢山あって、分かりやすいと思います。

車を降りて、西へ護国神社の前を通り過ぎて、左手に岐阜城を眺めながら、岐阜公園の中を通り、ロープウェイ近くまで行きました。

手前に、登山口があり、頂上まで歩いて登れます。
冥想の小道という名前ですが、ハイキングもできるような道ということです。行程およそ、40分から50分。

途中で、馬の背越えという登山口との分岐点があります。

同僚数人と歩いたのですが、分岐点の注意書きに
「老人や子供は絶対に馬の背を登らないでください」みたいなことが書いてありましたが、どうやらそれを挑戦状と受け取ったみたいで、こっちを登ると、馬の背を歩くことになりました。

その同僚たちは、実は歴史にも城にも興味もなく、中にはスラックスとシャツと言ういでたちの人も。

当然、情報なし準備なしでいったので、途中岩がむき出しで、手を使わないと登れないような場所もあり絶句。

でも、時間がないメンバーには20分で登れた事実や良かったです。

でも、体力に自信のない人はやめた方がいいですね。

ちなみに、帰りはロープウェイを使いましたが、片道600円、往復1050円でした。
城を目的に来た人は、じっくり見るなら、ロープウェイをどうぞ。


さて、登りきって、ぜいぜいいいながら、天守閣の資料館を見学。

てっぺんの展望スペースは絶景でした。

岐阜城 (15).jpg

名古屋方面のビルまで良く見えました。
自然も多く、信長が見たであろう当時を思い描きながら、悦に入ってました。
同僚たちも、この景色には大満足でした。
信長も、斉藤氏を破って入城した時は、この見える範囲が全て支配下に治まって、長年の戦の苦労も報われたことでしょう。
これからの、天下布武の志もメラメラ湧いてきたことでしょう。

帰り道に偶然、井戸を発見。本丸井戸というらしく、復興建物ばかりだった途中に比べて、こういう歴史的遺構にであり、少し興奮。


本当は、歴史資料館にも行きたかったのですが、けっこう上で時間がかかったので、あきらめて次回の楽しみにしました。

ここは、楽市の実物大の店などがジオラマで再現されているなど、興味深い場所ですので、是非岐阜に行かれた時は見学コースに入れて下さい。



帰りにロープウェイで降りながら、途中信長当時の遺構の発掘現場が空中から見えました。

岐阜城 (38).jpg


車への帰り道、その発掘状況を紹介する小さな建物も見つけて、見てきました。
こちらも貴重な展示室ですので、是非見て下さい。

岐阜城 (49).jpg



ちなみに今回の岐阜訪問では幸運にも、移動中に、犬山城、加納城、墨俣城も見ることができました。
画像だけアップしておきます。
車で行けば、短時間で回れそうです。

犬山城 (7).jpg

犬山城



墨俣城 (3).jpg

墨俣城

とま、信長に少しふれられた時間でした。
満足
posted by taigon at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 新着情報&雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

映画 火天の城 9月12日から

にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ


以前、こちらのブログでもいち早く紹介しました火天の城

書籍の紹介はこちら


いよいよ、映画も来週土曜日9月12日から全国東宝系で上映が始まります。


公式サイトも内容が充実して、映画が楽しみになってきました。
原作では重要な役割を果たした岡部又衛門の息子がいなくて、映画で新しく設定された娘がストーリーの重要な役割をするようですね。

楽しみです。
事前にこちらの本などでも、安土城を勉強されてから行けば、色々と楽しめるのではないでしょうか。『よみがえる真説安土城』徹底復元 覇王信長の城










posted by taigon at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 新着情報&雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
『信長記』と信長・秀吉の時代 [単行本] / 金子拓 (編集); 勉誠出版 (刊) 織田信長という歴史―『信長記』の彼方へ [単行本] / 金子拓 (著); 勉誠出版 (刊) 天下人の城―信長から秀吉・家康へ [単行本] / 千田 嘉博 (著); 風媒社 (刊)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。