トップページ 論文 織田政権と大和 戦国時代ランキング 旅行・地域情報専門
ブログランキング 国内

2009年11月19日

本郷和人著 『天皇はなぜ生き残ったか』


天皇はなぜ生き残ったか (新潮新書)

天皇はなぜ生き残ったか (新潮新書)

  • 作者: 本郷 和人
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2009/04
  • メディア: 新書




にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村


相変わらずの本郷和人節が全章にわたって展開されていて、読み応え有ります。
残念ながら、戦国時代に入ると途端に史料引用が減ってしまって、面白味が減るのですが、本郷節が好きな人は、まあ楽しめる内容となっています。

中世(いわゆる中世前期)の解説は、こちらが知識が少ない分、余計に納得させられる内容で、「当為と実情」について改めて本郷和人の世界を知ることとなります。


詳しくは、前著の感想を読んで下さい。

当為と実情に関してはこちら

キーワードは「二つの王権論」

内容は、天皇が現在までなぜ存続しえたのかという話をしたいためというよりは、上記の「二つの王権」を引用しつつ、中世に起きた天皇制の画期を紹介するとともに、それならなぜ天皇は今までいるのかという点を少し付け加えていると感があります。

画期とはもちろん、武家王権の誕生。


さて、最後の方でほんの一言、織田信長と天皇について書いています。
それも、この本の中で唯一の言葉「天皇を廃止」しようとしただろう。という言葉と共に。


このあたりのことは、後日改めて。


ともかく、本郷和人の著書は、中世前期の仕事は一般向けにとても丁寧に解説されているので、詳しい人もそうでない人も、一度は手にとって読んでみることをお勧めします。図書館でよく置いています。



武士から王へ―お上の物語 (ちくま新書)

武士から王へ―お上の物語 (ちくま新書)

  • 作者: 本郷 和人
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2007/10
  • メディア: 新書



人物を読む 日本中世史―頼朝から信長へ (講談社選書メチエ)

人物を読む 日本中世史―頼朝から信長へ (講談社選書メチエ)

  • 作者: 本郷 和人
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2006/05/11
  • メディア: 単行本




posted by taigon at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 信長関係書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月08日

家系図作成術

今日は信長と関係ありません。


歴史が好きな人なら、戦国大名の系図などをご覧になる機会も多いかと思いますが、自分の家系図を作ってみたいと思ったこともあるのではないでしょうか。

そんな希望をかなえてくれる本を発見。

戸籍を読み解いて家系図をつくろう

戸籍を読み解いて家系図をつくろう

  • 作者: 清水 潔
  • 出版社/メーカー: 日本法令
  • 発売日: 2009/09
  • メディア: 単行本




にほんブログ村 本ブログ 歴史書へ
にほんブログ村
この本はその名の通り、戸籍を読み解いて、家系図を作成する技術を紹介しています。

ですので、大半の内容が、戸籍の取得の仕方や読み方で、家系図作成については、最後の方で簡単に紹介されているだけです。

相互補完の形で、インターネットのサイト上で細かいアドバイスも無料で行っているようです。
ここ


個人的な話になりますが、私は過去に自分を中心にした家系図を作製したことがあります。

母方の大叔父が亡くなった時、その奥さんに当たる大叔母が、除籍されたりする戸籍を全部取得して私に見せてくれたのがきっかけです。

そのずっと以前に、父方の伯父が父方の御先祖の詳細な年表や、家系図を送ってくださっていたので、それを参考にして作成しました。

また、母方に限って言えば、明治の人員帳と呼ばれるものまで実物であったので、それも参考にしました。


その経験から言うと、明治や大正の戸籍に記載されている情報は、実は、事実とは違うということです。


この本の通り戸籍から家系図を作成するにあたって、系図は間違いなくかけると思います。
しかし、個人情報として結婚した日、生まれた日は、正しくないことが多いものなのです。


例えば、大正初頭生まれの母方の祖父母は、生まれて数か月たっての情報が戸籍に誕生日として記載されています。
結婚も、実際の結婚式の日ではなく、もう少しで初めての子供が生まれるという頃になってやっと婚姻の届がされているようです。


これらの事実は、直接聞かされているからこそ分かる情報であり、戸籍からだけでは知り得ない情報です。

理由は簡単。
届の義務の意識がなかった。
生まれたての子は、数か月で亡くなる可能性が高かった。
今のように病院で出産証明などがされるわけではない。

というのが大きいようです。

名前も、今日まで聞き伝わっているものと、戸籍上の名前は違うことがたびたびです。墓石には、戸籍でなく通称が載っていることも多いのです。

また、現在でも結婚式の日と、婚姻届の日が違うことも多々あります。
(かく言う私もその一人)


本の注意書きにもありますが、知られたくないであろう個人の情報も散見されます。

隠し子がいたり。



私の経験から言うと、

1.家系図を作りたいという気持ちを、親戚に話し、聞き取り調査をする。

2.聞き取った資料を整理し、まず年表と簡易系図を作成。

3.その上で、戸籍を取り寄せ、上記の内容を補完していく。

4.故人のお墓に参り、その他の知り得ない情報を整理する(お墓には意外と情報が書かれたりします。また、管理下さっている方が故人をご存じであったりします)。

という感じでしょうか。


戸籍は、公的な届の記録の集合であり、事実を証明するものではないということを、まず理解したうえで、作成しないと出来た家系図を利用して、先祖の歴史なんかを執筆しようというときに、大きな足かせになります。
前後関係がうまく合わなくなったりしますから。
例えば、すでに結婚して、地元にいないはずなのに、戸籍上では未婚になっていたとします。
その地元で、戦災があったとします。
戸籍には結婚したのは、戦災の後、しかし、事実は戦災の前。となり、歴史を書く時想像で、結婚直前に戦災に遭い大変だっただろう、とかなるわけです。そんな事実はないのに。


ということで、今回は、身近な歴史を調べる作業についての一考察でした。
posted by taigon at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 新着情報&雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
『信長記』と信長・秀吉の時代 [単行本] / 金子拓 (編集); 勉誠出版 (刊) 織田信長という歴史―『信長記』の彼方へ [単行本] / 金子拓 (著); 勉誠出版 (刊) 天下人の城―信長から秀吉・家康へ [単行本] / 千田 嘉博 (著); 風媒社 (刊)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。