トップページ 論文 織田政権と大和 戦国時代ランキング 旅行・地域情報専門
ブログランキング 国内

2011年02月19日

大河の江姫は現在まだ10歳前後

大河ドラマが、どうもへんてこになっているという巷での評判ですね。

市さんと身長も変わらず、大人な江姫ですが
残念ながら、本能寺の変の前後では、まだ10歳前後。現在の小学2、3年生くらいですか。

とにかく、天真爛漫さを演技として出さなければならないので、仕方のないことだと思います。

うまいこと言うな、と思ったのが下の記事。
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20110219/enn1102191532015-n1.htm

大河ドラマをファンタジーとして観て、江を妖精だと思えば解決するんだそうです。
それはそれとして。。。


個人的に納得いかなかったのは、細川藤孝(幽斎、長岡藤孝)が、あんな怒りっぽいおじいちゃんだっということ。

イメージは人それぞれだと思いますが、
故事典礼に通じていて、教養豊かな武将であり、光秀とは旧友であったのだから、
「光秀の娘!」とかいいながら罵倒しないと思うんですよね。
「惟任日向殿(決して明智光秀とは言わないと思う)との縁は残っておってはならぬ」くらいの方がよいと思った次第。。。

ついでながら、当時の藤孝は、長岡姓でいくべきではないかと。
ここを参照ください。http://nobunagagaku.com/cn16/essay03_04.html#/0


江がどれだけ、ファンタジーの妖精でもいいけれど、
江が出ないシーンでは、なるべく史実に近い設定がほしいと思っているのは私だけでしょうか?

しかし、トヨエツ信長が出なくなると視聴率が落ちるのもすごい。

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
posted by taigon at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 「江 〜姫たちの戦国〜」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

いよいよ本能寺

江姫の生涯を描く、NHK大河ドラマ、

「江 〜姫たちの戦国〜」

もいよいよ本能寺の変!

今日は見逃せませんね!

ニュース記事はこちらへ

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
posted by taigon at 19:06| Comment(4) | TrackBack(1) | 「江 〜姫たちの戦国〜」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
『信長記』と信長・秀吉の時代 [単行本] / 金子拓 (編集); 勉誠出版 (刊) 織田信長という歴史―『信長記』の彼方へ [単行本] / 金子拓 (著); 勉誠出版 (刊) 天下人の城―信長から秀吉・家康へ [単行本] / 千田 嘉博 (著); 風媒社 (刊)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。