トップページ 論文 織田政権と大和 戦国時代ランキング 旅行・地域情報専門
ブログランキング 国内

2012年09月11日

撰銭(えりぜに)令

http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20120911/ecn1209110740001-n1.htm

なかなか興味深い内容のこネタが出ていたので、リンクを貼っておきます。

これは信長の撰銭令について少ない文章でうまくまとめたいい文章だと思います。

ただ、結果が想像で書かれていて、過去の研究などをほとんど踏まえていないので、鵜呑みにしてほしくないとだけ伝えておきます。

撰銭令については、

浦長瀬隆「十六世紀後半奈良における貨幣流通−多聞院日記に見る支払い手段の変化をめぐって−」(『社会経済史学』48巻号、1982)

があります。少し古めの論文ですが、読んでみてください。
ここで永禄12年から、急激に米による代銭が増えている様を明らかにされていまして、混乱を招いているというふうに表現されています。

ただ、私の「織田信長と大和」の中でも言及している通り、松永弾正が大和の多聞城下で税を貨幣で納めるように通達をするのが、この撰銭令の直後であることを自分自身でしてきしています。

よい研究課題だと思うので、興味ある方は是非。


posted by taigon at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 新着情報&雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近の記事
『信長記』と信長・秀吉の時代 [単行本] / 金子拓 (編集); 勉誠出版 (刊) 織田信長という歴史―『信長記』の彼方へ [単行本] / 金子拓 (著); 勉誠出版 (刊) 天下人の城―信長から秀吉・家康へ [単行本] / 千田 嘉博 (著); 風媒社 (刊)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。