トップページ 論文 織田政権と大和 戦国時代ランキング 旅行・地域情報専門
ブログランキング 国内

2014年02月12日

絶対読まなきゃいけない『天下人の城』

天下人の城―信長から秀吉・家康へ [単行本] / 千田 嘉博 (著); 風媒社 (刊)

千田嘉博先生をはじめ研究者が、信長、秀吉、家康の著名な城を、従来(ここ十数年分)の研究の課題にメスを入れて最新の見解を整理されている、城郭研究(だけでなく戦国研究)したい人は必ず読まなければならない著書です。

特に織豊系城郭をちょっと以前の説をうのみにしている人は、この研究成果を外して論じていると恥をかきそうです。
出てくる城は、勝幡、那古屋、清州、小牧山、岐阜、安土、大坂、名護屋、名古屋です。
特に安土城に関しては、編者の千田先生自ら、従来の研究を一刀両断。

だからと言って、決して難しい内容ではないので、幅い広い方に読んでいただけます。値段も手ごろです。
posted by taigon at 19:14| Comment(2) | TrackBack(0) | 信長関係書籍紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
織田信長に特化したブログでしたので目に留まりました。
地元の英傑ということもあって大いに関心がありますので、
いろいろご教示ください。

なお、念のために申し添えておけば、自身はタイガーズではなく、
地元・ドラゴンズのファンです。
Posted by 住兵衛 at 2014年02月15日 11:00
ありがとうございます。
更新が遅々として進みませんが、のんびりお付き合いいただけると嬉しいです。

この天下人の城には、尾張の城、特に名古屋の話題か充実しているので、是非読んでいただいて、感想などお聞かせください。

これからもよろしくお願いします。
Posted by taigon at 2014年02月23日 09:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/388254190

この記事へのトラックバック
最近の記事
『信長記』と信長・秀吉の時代 [単行本] / 金子拓 (編集); 勉誠出版 (刊) 織田信長という歴史―『信長記』の彼方へ [単行本] / 金子拓 (著); 勉誠出版 (刊) 天下人の城―信長から秀吉・家康へ [単行本] / 千田 嘉博 (著); 風媒社 (刊)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。