トップページ 論文 織田政権と大和 戦国時代ランキング 旅行・地域情報専門
ブログランキング 国内

2015年07月29日

村上海賊の娘 漫画化

和田竜さんの『村上海賊の娘』
織田家と毛利家の海戦「木津川口の戦い(木津川合戦)」を描いた小説。

この度、漫画化されることが発表されました。
愛媛新聞のニュース→「海賊の娘」続編書くなら 今治で著者招きシンポ


マイナビではもっと詳しくカット入りで→和田竜の小説「村上海賊の娘」がマンガ化!スピリッツで8月に開幕

織田信長も当然のように出てきますし、織田家にとっても重要な戦いの一つですね。


ところで、この小説を読みながら一つ気が付いたことがあります。
当ブログで一番の検索ヒットは何だと思いますか?

織田信長?違いますね〜

なんと、「原田直政」なんですね。
もしくは、蘭奢待ってときもありますが。
(あと、やはり卒論とか研究とかの検索も上位です)

なぜこの原田(塙)直政がこんなに検索されてヒットするのかと思っていたのですが。
この海賊の娘でなかなかいいやつとして書かれているんですね。

大坂本願寺(一向一揆)との戦いの主将となり、そんななか無謀な攻め方で天王寺砦での一戦で命を落とし、更には信長まで鉄砲傷を負うという戦い。
後、その失態を一族追放ということにまでなってしまうのですが。

ほとんど現在では小説やドラマに取り上げられることもありませんので、海賊娘で出会って、誰だこれということで、調べてたどり着いてくれたんですね。
ありがたい話です。

当ブログでの直政過去ログ
→スマホの方はこちら

余談のほうが長くなりましたが、村上海賊の娘のコミック化期待しましょう。


村上海賊の娘 上巻 -
村上海賊の娘 上巻 -

村上海賊の娘 下巻 -
村上海賊の娘 下巻 -
posted by taigon at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 新着情報&雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
最近の記事
『信長記』と信長・秀吉の時代 [単行本] / 金子拓 (編集); 勉誠出版 (刊) 織田信長という歴史―『信長記』の彼方へ [単行本] / 金子拓 (著); 勉誠出版 (刊) 天下人の城―信長から秀吉・家康へ [単行本] / 千田 嘉博 (著); 風媒社 (刊)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。